ブログライター ZERO



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【我☆】バレンタインにまつわるエピソードをおしえて!



あれは高校2年生のとき、
当時女の子の友達はそれほどいなかったけど(いまはもっといないけど…)
そのうちの1人(A子さん)に呼び出され、その子の友達(B子さん)から
手作りのチョコケーキをもらいました。

しかし、そのときは他の女の子(C子さん)が好きで、
ちょっとアタック中だったから、
チョコをもらったことをその好きだったC子さんに
「誰かにチョコもらったって聞いたけど、お返しとかするの?」
と聞かれ、

”お返ししたら、B子さんのことが好きだと勘違いされる”

と思い、ホワイトデーにはお返しはしなかったら、
A子さんとその友達数人に呼び出しをくらい、囲まれて

「なんでお返しくらいしないのよ!」

「B子さんは泣いてたよ」

「無神経で信じられない」

などなど、罵声をあびせられ、責められちゃっいました。

でも、お返しをしなかったおかげか、C子さんとはその後お付き合い
することができたんですよ。
ナイスチョイス!

しかし、今思うとお返しはして、きちんと「別の子が好きなんだ」と
B子さんに直接言った方が良かったかなぁと思いますがね。

うーん、淡い青春の思い出です。


スポンサーサイト

【我☆】あなたの手帳のこだわりをおしえて!



私の手帳のこだわりは、大きくは以下の5点です。

1.本革のカバーであること!
2.ナローサイズの手帳であること!
3.日付ごとに書くスペースが広いこと!
4.重要度、優先順位などにより3色ボールペンを活用すること!
5.ペンも一緒につけておくところがあること!


まず、1番は好みの問題でしょうけど、やっぱり社会人として
スーツを着る機会があるので、ビニールカバーの手帳とかはね。。。

2番はスーツを着たときに内ポケットに入る大きさがいいですね。
ミニサイズだと3番の書くスペースが広いことに反して、
書き込むスペースが狭く、どうしても字を小さく書かなきゃいけなくなっちゃいます。

4番は、//の3色ボールペンで、重要なことは青優先度が高いものは赤
定期的な予定や日々起きた日記などを書き込むのは黒というように
色分けすることで一目で何をするのか、したのかをわかることができます。

最後の5番は、手帳ってやっぱり思いついたときにすぐに書き込めるように
ということで、手帳はあっても3色ボールペンがないと書き込めないので
手帳と一体にして持っていたいからです。


どうですか?私の手帳活用!

皆さんもこういうことを考えて手帳を選んだりしてみたら
便利に活用できると思いますよ。


【我☆】お正月の過ごし方をおしえて!



お正月はまぁ、毎年同じなんですが、私の実家に泊まって、
酒飲んでおせち食べて、食っちゃ寝×2ですな。

あとは、お金があればパチンコでその年の運試し!
あとは…
友人と新年会!
子供達と雪遊び!
雪かき!雪かき!雪かき!
TVゲーム!
レンタルDVD鑑賞!(3日で5~6本くらい)

こんな感じで、正月明けは、ボケーっと1週間は役に立ちません。。。。。


【我☆】雪にまつわるエピソード!



雪と言えばやっぱり、スキーやスノボを連想する若者が多いことでしょう。
でも私は子供の頃に遊んだカマクラ作りかな。
これが結構難しいんですよ。
雪を固めるために水につけた雪で周りを固めて、
手を真赤にしながら、凍傷寸前で(笑)カマクラの完成図を頭に描きながら
ワクワクしながら作ったものです。
完成したら、懐中電灯を持ってきて、弟と凍ったミカンを食べた記憶があります。

今は、除雪が大変だーと思いながらも、子供達のソリ滑りのために
雪山を作ってあげたりしてます。



【我☆】メガネにまつわるエピソード!




「メガネをかけてちょうど20年!

 昔と比べて今はデザインが豊富で

  カッコ良くなったよねぇ~!」



プロフィール

ZERO

編集長:ZERO

Google検索

 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
QRコード

QRコード

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

イフネットTV

モデリスタ

秘書ブログパーツ

今日のナカツリ
ニベアベア

(ブログパーツが表示されなくなったため、はずしました。2008/12/28 )


アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら ポイントサイトナビ
GPL天気予報
だべり場BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。